煙突施工事例

神奈川県平塚市 N様宅

屋根に開口部分を設け、ルーフサポートで断熱二重煙突を固定します。

その後左の写真にある三角形のフラッシングコーンを設置します。

 

 

コロニアル屋根上部に断熱二重煙突設置完了後の写真です。

 

遠目から見てみるとこのような感じになっています。

屋根上部にフラッシングコーンを設置後、室内側にも断熱二重煙突を

設置していきます。

素敵なシーリングファンが付いていますね。

足場を作り、天井開口部分から断熱二重煙突を引き下ろしていきます。

N様宅は床から天井までの高さが約6m弱ありました。

断熱二重煙突は1mの煙突をつなぎ合わせて引き下げていきます。

断熱二重煙突を全て引き下ろした後、薪ストーブを設置し足場を取り外しました。

campaign.jpg