薪ストーブ設置事例

神奈川県横浜市 H様宅  設置実績事 

屋根上の部分をこれから開口し、煙突の設置準備をしている時の写真です。

 

​まずは室内側のロフト(3F)の天井から開口して

いきます。

開口の位置が決まったら周囲のコロニアルを剥がし、煙突が入る大きさに開口していきます。

 

開口部分の内側は、ロフトの天井まで全てケイカル板を

​貼ります。

化粧板を天井に貼り、断熱二重煙突が3Fから1Fまで真っすぐに引き下ろされた時の写真です。

これによりドラフトの問題が大きく解消されます。​

campaign.jpg